viewcompanyが教えるモットンの悪評と真実2017公式発表

ビジネスホテルで宿泊していると、ホテルごとに居心地の良いベット、寝心地の悪いベットというように、様々である体験が感じられる人も多いことでしょう。
雲の上の居心地をうたうベットは確かに居心地の良いモットンを採用されています。でも実際自宅の布団ではこのような居心地は実現できないですよね。
そこで原因を追求していくと腰痛対策がうてる可能性もあります。
モットンが合わないときの不快指数を項目ごとにあげてみました。

今超話題のモットンのマットレスのすべてに迫る!

首がいたむ、肩がこる
疲労が取れないような気がする
背中のいたみ、違和感
腰の重さ痛み
マットの硬さで寝返りが打ちにくい。寝返ろうとすると、骨盤が痛む。腰部が抜けそうな感覚になる
お尻がマットに当たり、痛みや違和感がある。
夜中に何度も目が覚めてしまう。
適度な睡眠時間なのに、体の疲れがとれていないどころか痛みがどこかにある。

多かれ少なかれ以上のような不快指数を感じられたらまずは、相当に不快感を与えているはず。モットンを見直してみます。一方で体に心地の良いと感じられるモットンとは。。

仰向け、横向きともに寝返りしやすく、体が自然と沈み込みやすい。
背骨のカーブができる弾力性を求めるものが体によい。
体圧分散のものを選ぶようにする
腰痛には高反発から低反発のものの中でを選ぶと良い。

寝りに必要な環境とはナチュラルに脱力することができるのかということです。立ったり座ったりと、活動時の筋力の緊張を解き、リラクゼーションできる環境を作ることで血流の流れも良くなります。脳の疲労も回復させ翌日すっきりと目覚めるためにも就寝環境はとても重要なこと。モットンの環境を整えることをお勧めいたします。ひと昔前は枕が変わると眠れないという人が多かったのですが、今やモットンが体に合わないときの苦痛にくらべると、眠りを追求する上で枕同様の重要なキーポイントになりました。
昔の枕は大半がそばがらでできていますが、うつぶせ寝にむかないそばがら枕から次第に低反発枕に移行する時代に。枕が合わなかったり、クッションを枕代わりにして、使わなかったりする人もいるようです。絶対に万人に効果的なモットンがあるというわけではなく、体重に合わせて都合するという選び方が主流です。
概ね日本人の平均体重60キロ以下となれば、100?150ニュートンの高反発枕をチョイスしてみましょう。腰痛持ちさんでは柔らかすぎるクッション素材は控えめに、低反発を選ぶようにします。

モットンの目的といえば安眠を誘うための用具といえますが、寝心地の良さは個々人で感じ方が異なるために多様性のあるモットンが市場に出ています。
よくある悩みですが、充分な睡眠時間を確保しているのに一晩中ぐっすりと眠れた気がしないという悩ましいケースもストレスなどの人間の体調に原因があるのではなく寝具や寝室に課題があることも多いものです。
そこでベッドモットンはどんな点に注意して選んでいくべきか、モットンを選ぶときのポイントを押さえてご紹介しましょう。

人が安眠できる姿勢とは、仰向けに寝たままの姿勢でモットンと背骨の間には3センチほどの間を空けておくことが重要です。
横向け、うつ伏せ、仰向けの寝相のなかでも仰向けに寝ている状態というのは筋肉に疲労がかからずにいて、睡眠の質をアップさせるからなんですね。
すなわち安眠を求めるなら、仰向けに寝ることのできる時間を増やしていくことができるモットン、寝返りの頻度の必要性が低いモットンが求められるのです。
一般には寝返りの頻度の多い子供のほうが肩こりや腰痛になりにくいと言われており、睡眠時間においての寝返りはそれほど重要なバランス感覚になるのです。
再度体に負担の少ない姿勢を保つには、仰向けのままで背骨の曲がりと腰の部分とが2、3cmあくS字をえがくという有り様。

二本足で直立不動に立っているときよりも少し伸びている姿勢といえます睡眠中、人は筋肉の緊張をほぐし、血液の循環をよくするために一晩に20~30回寝返りを打ちます。この寝返りがスムースにできないと、余計な筋肉を使うことになり、「休んでいるはずなのに、なぜか疲れが残る」といった原因になります。また、体の一部分に荷重(体圧)がかかりすぎると血液の流れが悪くなり寝返りの回数が増え、安眠のために必要な仰向けで寝る時間が少なくなってしまいます。

ベッドモットンにかかわらずに、安眠できるための姿勢をまとめておくと
ポイント1 安眠できないのはストレスが原因ではなく、モットンをはじめとした寝具に要因があると考えるべき
ポイント2 ベッドモットン及び寝具選びの結果最も重要なポイントは、直立不動の体勢でS字カーブをえがくという姿勢を目指すこと
ポイント3 安眠のために寝返りの必要のないモットン、寝返りの頻度の少ないモットンを選ぶこと

このような3つのポイントに留意して選ぶように気をつけておきましょう。

情報監修⇒モットン悪評【公式】